ED



ED

EDとは

「ED」(Erectile Dysfunction)とは勃起機能の低下(勃起不全)のことで、専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。
そのため、欧米では早くから「ED」という表現が定着しており、一般の病気と同じにとらえられています。
恥ずかしくてなかなか話ができない患者様が多いようですが、「ED」はすでに社会的に完全に認知された病気の一種ですから、安心してご相談下さい。


成人男性の4人に1人はED

過去(1998年)の製薬会社での調査で、EDに悩んでいる患者の数は世界で1億5,200万人以上、国内では1,130万人と推計されています。セックスレスとなった原因の一つとして、男女全体の一割近くが男性のEDと答えており、特に年齢が進む事でEDになる傾向が見られます。日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の3人に1人、60歳代の2人に1人が中等症以上のEDという調査結果もあります。EDは、男性ならいつでも発症する可能性の高い身近な疾患となっています。

以下の症状について心当たりがあるという方はEDが疑われます。
一度ご相談ください。

  • 全く勃起をすることがない
  • 短時間勃起はする
  • 途中で萎えてしまう
  • 満足のいく性行為ができていない
  • 勃起しても硬さが弱くなっている
  • 一度萎えると、再度の勃起が困難
  • 勃起に時間がかかる

など


原因・種類について

EDの原因

年齢を重ねるにつれ、EDになる確率は高くなります。しかし、最近は年齢の問題だけではなく、ストレスを抱えていたり、不規則な生活リズムや食事などを続けていたり、運動不足、飲酒、喫煙など生活習慣が原因となって起こる場合が多くあります。また、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病をお持ちの方は、EDのリスクがさらに高くなります。

主なEDの種類

■心因性ED:精神的なストレスからくるもの(30~40歳代に多くみられる)

精神的なストレスがある場合、性的興奮がうまくペニスに伝わらなくなるため、EDが起こりやすくなります。これを心因性EDといい、原因はさまざまですが、仕事やプライベートの日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、セックスがたまたまうまくいかなかったことのトラウマが原因となることもあります。このタイプのEDでは、「次も失敗してしまうのでは」という不安が大きなストレスとなってしまい、EDの症状を悪化させることもあります。


■混合型ED:精神的なストレスくるもの+何かしらの病気(50~60歳代に多くみられる)

精神的なストレスに加え、動脈硬化や神経障害等、他の病気との組合せでEDになる場合があります。混合型EDは、特に糖尿病、高血圧、外傷等の患者または予備軍的なリスクのある人に、精神的ストレスなどの要素が加わってEDとなる場合が多く存在します。


■器質性ED:動脈硬化の進行、神経障害など機能的なもの(50~60歳代に多くみられる)

加齢によるものであれば、血管が硬くなる症状である動脈硬化が原因と大いに考えられます。動脈硬化になると血管に拡張性がなくなり、血液循環も悪くなるため、陰茎海綿体への血液供給が不十分になり、EDが起こりやすくなります。
また、糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病をお持ちの人は、血管に大きな負担がかかってくるため、動脈硬化が進行している場合があります。そのため、結果的にEDが起こりやすくなると考えられます。
喫煙や過度の飲酒も同様の理由で、EDを引き起こす原因と考えられます。
その他、脳外傷、脳出血、脳腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経が傷害される病気や、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気(癌や内分泌疾患、ホルモン異常など)
でもEDが起こりやすくなることがわかっています。


■薬剤性ED:お薬の服用による副作用によるもの(年齢に関係なくみられる)

服用されるお薬の中には一部、EDの原因となるものが存在します。

  • 消化管に作用するお薬:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬
  • 循環器系に作用するお薬:不整脈治療薬、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤、利尿剤
  • 末梢神経に作用するお薬:筋弛緩薬、麻酔薬、鎮けい薬、抗コリン薬
  • 中枢神経に作用するお薬:消炎鎮痛剤、解熱剤、抗うつ薬、抗不安薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬などを含む向精神薬

検査と治療について

患者様の症状や訴えからEDが考えられる場合、問診を行います。その結果EDと診断され、服用に対しても問題ないと医師が判断すれば治療薬が処方されます。なお、ED治療薬には重複してはいけない禁忌薬がいくつかありますのでご注意ください。現在何らかのお薬を服用されている方は、服用しているお薬が分かるお薬手帳などをご持参ください。

※硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を服用中の方、3~6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こしたことのある患者様には使えません。

バイアグラ
世界で初めて認可されたED治療薬です。青いひし形の錠剤タイプになります。お薬に含まれる有効成分(シルデナフィル)の含有量の違いから25mg錠と50mg錠の2種類があります。食事やお酒の影響を受けやすいので、空腹時に服用します。服用後は30分~1時間ほどで効果が現れ、4時間ほど持続します。【当院では、50㎎を採用】
シアリス
黄色い涙滴型の形状の錠剤タイプになります。有効成分(タダラフィル)の含有量の違いから5mg錠、10mg錠、20mg錠と3種類があります。バイアグラ、レビトラとは異なり服用後、効果が現れるまでに3時間ほどかかります。持続効果は最大で36時間程度です。ED治療薬の中で食事の影響を最も受けにくく、食前2時間前の服用が推奨されています。
【当院では、10㎎、20㎎を採用】

※当院で医師が処方するED治療薬は上記の通りですが、いずれも一時的に勃起を維持させるためのものです。根本的に治癒されるということはありません。


副作用について

ED治療薬は、薬の種類に関係なく、全般的に顔のほてりや目の充血・鼻づまり、頭痛、動悸といった症状がみられます。これら副作用がみられた場合、必要に応じて、減量をする、あるいは投与を中止するなどの処置を行う必要があります。不安な場合はご相談ください。


ED薬の服用に問題がある方

  • 肝臓の悪い方
  • 腎臓の悪い方
  • 陰茎の病気(屈曲、しこりなど)のある方
  • 血液の病気(鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫、白血病)のある方
  • 血が止まりにくいなど出血性の病気のある方、または消化性潰瘍のある方
  • 他の勃起不全治療剤、勃起補助薬などを使用している方、またEDで外科手術を受けたことのある方
  • 高齢の方
  • 心臓病、高血圧症、排尿障害などの治療薬を服用中の方
  • 過去に視力喪失の経験のある方など

当院の処方までの流れ

当院のED治療では、問診による体調や既往歴の確認、尿検査による健康状態の確認、血圧測定、触診(陰茎の病気や睾丸の異常がないか確認を行う場合があります)等を行い、詳しく健康状態を調べた上での処方となります。
ED治療薬は院内にて処方しておりますので、調剤薬局へ行かれる必要もございません。
また、原則的に女性スタッフの立ち合いもありませんので、安心して質問をされたり、診察を受けていただけます。


①ご来院 事前の予約は不要です。診療時間内にご来院下さい。
矢印
②受付 受付後、問診票(2枚)のご記入をお願い致します。(現在治療中の病気や既往歴、服用しているお薬などをご記入頂きます。お薬手帳をお持ちの方はご提示下さい。)
※初診時には、尿検査を行います。お小水をとれる状態でお越しください。
矢印
③診察 問診及びお薬の説明を致します。疑問点やご不安なことはお気軽にお尋ね下さい。
矢印
④処方 診察終了後、院内にてお薬を処方致しますので、薬局へ行かれる必要はございません。
※お支払いは現金のみとなっております。

ED治療薬料金一覧

※ED治療薬の処方は、保険適応外(自由診療)となっております。

初診料 5,000円
再診料 3,500円
バイアグラ(50mg) 1,800円/錠
シアリス(10mg) 1,600円/錠
シアリス(20mg) 2,000円/錠

※料金は税込となります。



ページのトップへ